アドラー心理学に基づく    子育てサークルAdlerjala   (アドラージャーラ)活動報告


by adlerjala

第2回Adlerjala

1月22日に第2回Adlerjalaを開きました。
吹雪ということもあり、メンバーは2人でしたが盛り上がりました。
寒い中来てくださってありがとうございました016.gif


まず前回お話していただいたエピソードの、その後をお聞きしました。
メンバーさんご自身が問題だなと思っていたことが、
なんと、すっきりと解決されたということでした!
子どもさんたちがなかなかお風呂に入らなかったり、お風呂の中でケンカをしたり、
ということだったのですが、
前回のAdlerjalaでお話していただいた後、メンバーさんは
子どもさんたち2人とお母さんの「3人で同時に湯船に入るとせまい」のが
子どもさんたちの落ち着かない理由なのかも、と気づかれたのだそうです。
そこで、時間をずらして入るということで、
みんなが穏やかにお風呂の時間を過ごせるようになったんだそうです。
子どもはいつの間にか体が大きくなっていますものね〜。
そして、ひとりでお風呂に入って、
ゆっくりお湯につかりたいって思うようになったんですね012.gif
子どもさんたちの成長も感じられる素敵なエピソードでした。


もうひとつ、新しいエピソードをお話していただきました。
メンバーさんは、どんなときでも子どもさんのよいところを見ておられるなあと思いました。
そして、次同じことが起こったら、
もっと子どもさんに「お母さんはわたしの仲間だ」と思ってもらえるような工夫を、
ご自身で考えておられました。
また、参考になりそうだったので
体験から学ぶということや、失敗したときにどうするかということなどについて
パセージテキストを読みました。


さいごに、「アドラー保育・育児のうた」を歌いました。
子どもたちのためにどんなことをしてあげられるのかって考えると
私たちはさまざまなことを選ぶことができますが、
あせらずあわてず、ひとつずつ一歩ずつ前に進んでいきたいなと思いました。
毎日のひとつひとつの子どもとの会話を大切に、楽しみたいです。


次回のAdlerjalaは1月29日です。
2月は、12日、19日、26日に開きます(すべて金曜日です)056.gif




[PR]
by adlerjala | 2016-01-27 00:55 | 活動報告