アドラー心理学に基づく    子育てサークルAdlerjala   (アドラージャーラ)活動報告


by adlerjala

エピソード 機嫌の悪い日

前回のサークルでとりあげたエピソードを報告します060.gif


〜機嫌の悪い日〜

ある日、長男の幼稚園バスのお迎えに行ったとき
私がいつものように「おかえり〜」と言うと、
長男は黙って口をとがらせて、私を置いてさっさと歩いていきました。
いつもは「ただいま!」と言ってくれるのに、
この日の長男は園バスの先生にも「さようなら」を言いません。

 あ、きたな、と私は緊張しました。
 ここで私が何か言うと、やがて争いに発展してしまうパターンだなと思って、
 なりゆきを見守ることに決めました。

長男は、次男の手をつなぎながら
「ぼく、おやつのことしか考えられないんだ」
「ぼく、鳥さんきらいなんだ」
「ぼく今日はしゅんすけとぜったい遊ばないんだ」
などなど、私が嫌がりそうなことを次々に言いました。
私はそれらに対して「あ、そうなんだ〜」と答えました。

 でも長男は、次男に対しては優しく手を引いて、歩調を合わせてあげているのです。
 そして私の嫌がることをよくわかっていること!
 
家に着いたら、カバンも上着も床にほったらかしにしています。
私 「タオル出してね〜」
長男「出さな〜い」
私 「あ、そうなの。手洗ってね〜」
長男「洗わな〜い」
私 「あ、そうなんだ。」
私は長男に話しかけるのをやめて、次男におやつをあげはじめました。

しばらく遠巻きに私を見ていた長男が、
私の目の前の席に座って「ぼく、おやつ食べたいんだけど」と言いました。
私 「おやつの用意はしてあるけど、手を洗わないと食べれないよ。」
長男「ふうん・・・」口をとがらせて目をそらせて、横を向きました。
私はまた黙って次男におやつをあげました。

と、長男は急にいすから飛びおりて、
たたたっと走ってカバンと上着を片付けて、タオルを洗いかごに入れて、
手を洗って、またいすに座りました。
長男は「手を洗いました!タオルも入れました!カバンも片付けました!」
と、ドヤ顔で誇らしげに言いました。
私 「そう!じゃあ一緒におやつ食べようか(^^)」

それからは長男はごきげんよく過ごしていました。
「ぼく、鳥さんもカモさんもほんとは好きだよ。きらいじゃないよ」ですって(笑)

〜完〜


このエピソードを聞いてもらった後、
メンバーさんに私のその時々の感情をたずねてもらったり、
私のよいところを言ってもらったりしました。

長男の不適切な行動に注目関心をせずにいれましたね、と言ってもらえました。
不適切な行動を続けるような「燃料の補給を絶つっていうことが大事なんですね」
というのはメンバーさんの名言です☆

そして、不適切な行動に「値打ちをつけない」ことが大切だというお話も出ました。
たとえば、私が長男の「しゅんすけと遊ばない」って言った不適切な行動に対して、
「そんなこと言わないでしゅんすけと仲良くしてあげてよ」って反応したら、
あるいはカバンを放り出していることに対して「片付けなさい」って言い続けたら、
長男は「お母さんを怒らせるために、しゅんすけと仲良くしないでおこう」とか
「カバンを片付けたらお母さんに負ける」とか考えますよね。
そうすると、兄弟仲良くすること、とか、カバンを片付けること、とか、
まったく何の着色もされていなかった長男のすべきことに、
お母さんとの権力闘争の材料という「値打ち」がついてしまうわけです。


それから、このエピソードで私は
長男の「タオル出しました!手を洗いました!」という適切な行動に対して
ありがとうを言う、などの注目関心を与えなかったのですが、
これについては、「賞賛を与えない」ので良かったのでは、と言ってもらえました。
ほめると、「タオルを出す」「手を洗う」という無着色だったことに、
また「値打ち」がついてしまうわけですものね。



ちょっと偉そうに聞こえてしまっていたら困るので・・・008.gif
・・・これまでいろんな権力闘争の材料を長男に提供してきた私ですので、
パセージを受けて学んだ今では、危険を察知できるようになってきましたが
いまだ修行中の身でございます・・・。
今回のはたまたまうまくできたエピソードです。念のため・・・


こんな風に、日々のちいさなちいさな子どもさんとのやり取りをお聞きして、
みんなでお母さんやお子さんのよいところを見つけて、
より親子が仲良く、よい関係になれるように工夫をしてみませんか
というのがAdlerjalaの活動です。
全国にいくつもあるアドラー心理学の自助グループでも、こういった活動をされています。
機会があれば他のグループのご紹介もしていこうと思います。


また、鳥取では、倉吉エンカレッジの会さんが、
倉吉を中心にして20年以上も精力的に活動を続けておられます。
Adlerjalaもたいへんお世話になっております。
ご興味のある方は以下のfacebookをご覧になってください♪
https://ja-jp.facebook.com/adlerkurakura/


次回の2月26日のAdlerjalaでは、倉吉エンカレッジの会さんの
パセージリーダー藤田さんが楽しいワークを準備してくださっています。
たくさんの方のご参加をお待ちしております053.gif053.gif
詳しくはご連絡ください
055.gif
m.miho.indigo.horizon☆gmail.com  (☆を@に変えてください)
松村美穂



[PR]
by adlerjala | 2016-02-17 17:23 | エピソード