アドラー心理学に基づく    子育てサークルAdlerjala   (アドラージャーラ)活動報告


by adlerjala

第5回Adlerjala

2月26日にAdlerjalaを開きました。
メンバーはいつもの3人でした003.gif
ですが、他に4名の方から、参加したいとご連絡をいただきました!
ありがとうございました!
残念ながら今回は日程の調整がつかず、皆さん不参加となってしまわれましたが、
ご都合のよいときにはぜひぜひいらしてください053.gif053.gif


今回はかなり濃い内容でした。
まずは基礎講座応用編前半に参加した私とメンバーさんが、
その興奮を思わずシェアリング(笑)
お話を聞いてくださったのはパセージリーダーさん(しかもアドラー心理学会公認カウンセラーさん)なので、
パセージから飛躍して、アドラー心理学のフォローアップ勉強会になりました。
エピソード分析やライフスタイルについて消化不良気味だったところが、
胃におさまってきた気がしました。
でも「ひとつ新しいことを入れたら必要なことがひとつ抜ける」のは
その通りなので、何事もあせらず、
忘れては思い出し、また忘れては思い出ししながら学び続けていきたいです。


それから、お知らせしていましたワークをしました。
楽しくて、たいへん多くの気づきがありました。
・・・ですが、このワークはおそらく内容を詳しく説明しない方がより楽しめると思います。
みんなで力を合わせて時間内にあるゲームをやり遂げるのですが、
その間、言葉を使ってはいけないのですね。
かなり追い詰められます(笑)
ゲーム終了後、自分がゲーム中に思ったことに近いものを、別紙の感想表から選びます。
それをチャート化すると、自分のライフスタイルのパターンがおおよそ見えるという、
そのようなワークでした。

アドラー心理学は個人個人の個性をとても重視しますし、
その場その場の一度きりのエピソードを重視しますので、
「この場合にはこういう対処」という方程式を好みません。
なので、いわゆる類型化はあまり好まれないのですが、
それでも、自分の好みの行動パターンや、
好みの「〜すべき」という思い込みを知っておくことは
自分のライフスタイルを知る手がかりになります。
・聴覚型or視覚型or触覚型
・きょうだい布置(長子or中間子or末子or単独子)
・4つのライフスタイルのパターン
など、アドラー心理学で取り上げるいくつかの類型があります。
血液型とか星座とかよりは科学的で、かなり当たると思いますよ。

私自身は、かなり強くD型という結果になりました。
自己分析は当たらないと言われていましたが、予想が当たってびっくりです。
D型って何?と思われた方は、Adlerjalaに遊びにきてくださいね♪


その後、メンバーさんのエピソードをお聞きしました。
「したくなくてもすべきことをして、したくてもしてはいけないことをしない」
ということを子どもに学んでもらうのって、たいへんですよね・・・。
陰性感情を使わず、賞も罰も使わず、子どもと相談しながら・・・
パセージではそういう方法を学ぶのですが、
毎日毎日起きる事件の現場で、渦中の当事者である自分が、
パセージを実践するのはなかなかにたいへんなことです。
でも、失敗をしてしまったら、みんなに聞いてもらって、
勇気づけてもらって、よりよい方法を考えていきましょう。

Adlerjalaが、お母さんたちのための勇気づけの場になれれば幸いです。
でも、もう一度パセージを受講したいなあ、早く開けないかなあと
失敗を繰り返している私は思っています。
パセージの受講にご興味のある方がいらっしゃったら、ぜひご連絡ください。
8人ほどメンバーが集まれば開くことができます056.gif
(パセージの紹介はまた別の記事に載せますね)


3月のAdlerjalaは、異なる曜日で行います。
11日(金)
14日(月)
29日(火)
ご都合のよい日があれば、1日だけでもお気軽にいらしてください016.gif

055.gifご興味のある方は以下までご連絡ください
 m.miho.indigo.horizon☆gmail.com (☆を@に変えてください)
松村美穂



[PR]
by adlerjala | 2016-02-29 17:19 | 活動報告