第6回Adlerjala 2 エピソード「あやしいにおい」

第6回のAdlerjalaで私の出したエピソードです。


     〜あやしいにおい〜

工作大好きな長男(5歳)。
この日もガムテープを使って、熱心に空き箱や段ボールで工作をしていた。
寒い日で、1階の長男のいる部屋で石油ストーブ(火が燃えて、上でやかんをかけられるようなタイプ)をつけていた。
私は2階で次男と昼寝をしていた。

急に私は、鼻の奥をつくようなものすごい異臭を感じて飛び起きた。
私 「今何してるの?!」
長男「え、工作してるよー」
私 「でもなんか変なにおいしてるよ?」
長男「別に何もないよー」
私 「ほんと?!」

でもこのにおい絶対おかしいわと思ってあわてて階段を駆け下りると、
石油ストーブの上で何か薄茶色のものがぶつぶつと泡だってどろどろに溶けて
煙を出していた。
 うわああああ危ない!(−5)
私は急いで消火した。溶けたどろどろは、引火せずに固まった。
 あー火事にならなくてよかった・・・(−4)

私 「これ、どういうこと?」
   悪い意図じゃないだろうけど、なんでこんなことが起きたのか?
長男「わからない。」
   いやいやわからんわけないやろ・・・(ー5)
私 「これ、何だと思う?」
長男「わからない。」
私 「これ、ガムテープだよ。」
長男「っ!?へえ〜!」
   驚いて目を見張る長男。
   あれ、ほんとうに何が起きたのかわかっていないのかも・・・?(−4)
私 「変なにおいしてるでしょ?このにおいは危ないんだよ。毒だからね。」
長男「?へえ〜」
   ここで私は気づいた。長男は鼻がつまっている!
   数日前からひどい副鼻腔炎で、鼻水ずるずる、しかもマスクをしている。
   においはわからなかったんだ。(−2)
私 「あのね、このガムテープが溶けたどろどろのが垂れて、火の上に落ちてたら
   燃えて火事になるところだったんだよ。
   今は溶けただけですんでよかったけど。」
長男「そうなんだ・・・。ごめんなさい。」   
   涙目になってショックを受けている長男。
   説明をわかってくれてよかった。(0)
私 「・・・なんでこうなったの?」
長男「わからない。」
   これはほんとうにわからないんだな。しかし私もなんでこうなったのかわからない。
   わからないと対策が立てられなくて困るけど、今は仕方がない。
私 「じゃあ、これからどうする?」
長男「ストーブからもっと離れて工作する。」
   いい方法を自分で考えてくれてよかった!(+1)


後日、工作に夢中なときの長男は、
手に付いたガムテープを丸めて、指ではじき飛ばしていることが判明。
ストーブの上部にガムテープの切れ端が乗っかっていた謎は解けた。

       〜完〜


エピソードを話しているとき、メンバーさんたちが
ひゃああ!と悲鳴をあげたり、
よくそこでその発言ができますねと言ってくださったり、
オチで謎が判明して笑ったり、
様々な反応をして聞いてくださっていたのがとても嬉しかったです。
みんなとエピソードを共有した一体感とでも言いましょうか。

私のストレンクスは、
・パニックにならず、状況を冷静に観察している
・長男を責める言い方(何やってるの!!とか)をせずに、
 落ち着いて「これ、どういうこと?」と尋ねている。
・長男の「わからない」を、言い訳ととらえずに、
 ほんとうにわからないんだな、と受け取っている。
・「わからないじゃないでしょ!!」と言ってない。

長男のストレンクスは、
・工作に熱中していても、返事をしている。
・わからないことを「わからない」と伝えている。

2人の関係は、
どんなことをお母さんに話しても、お母さんは自分の話を怒らずに聞いてくれる
と長男は思っていて、お母さんを信頼している。

と、みなさんに言っていただきました。
正直、うれしくてちょっと泣きそうでした(笑)
ありがとうございました012.gif


でもよくこんな大変なときに、怒鳴ったりしないでいれましたねえ!
とみなさんに言っていただいたのですが、
多分これはかなりの危険な状況だったので、余計に落ち着かなくちゃと思えて、
冷静になれたのではないかなと思います。
怒鳴ったところで物事は何も変わりませんし、
それに、思うんですよ。
家が火事になることより、私と長男の間が炎上することの方が危険じゃないかって。
(だって家が本当に火事になってしまって、それを長男のせいだって責めたら、
 私の場合、もう私と長男の関係は修復できそうにないと思うのです・・・)

「でもそれって、火事にならなかったから言えることではないですか?」
と、あるメンバーさんに聞かれました。
そこで、みんなでもし火事になってたらどうしたかと想像してみると・・・
「・・・逃げますね(笑)」
怒っている暇はない、とみんな意見が一致しました。
そうですよね。
ということは、どんなときでも、怒る必要はないってことです。


今回のエピソードはうまくいったものでしたが、
私はもっともっと些細なこと(ガムテープが床に散らばっている、など)で
長男を怒ることがあります・・・。
でもこんな大事件で怒らずにいられたんだから、がんばろうと思えました。

みなさん、ご協力ありがとうございました!


[PR]
# by adlerjala | 2016-03-15 13:04 | 黎明期

各地の自助グループさんとリンク2

リンクを貼らせていただくのがたいへん遅くなってしまいました・・・
コメント欄に書き込んでくださった さいたまうさ子さんのHPです。
うさ子さんは、埼玉でパセージを精力的に開いていらっしゃるパセージリーダーさんです。
パセージ参加者の方の感想などもたくさん載せられています。
パセージってどんな感じなのかな?と興味をお持ちの方は、
このHPにとてもわかりやすく説明されていますのでご覧になってください♪

さいたまアドラーの会
http://adlersaita.exblog.jp
[PR]
# by adlerjala | 2016-03-14 14:50 | 黎明期

第6回Adlerjala 1

3月11日にAdlerjalaを開きました。
今回はなんと!3名の新メンバーさんをお迎えしました041.gif041.gif
肌寒い日でしたが、来てくださってほんとうにありがとうございました053.gif
参加者は全員で5人+1歳〜2歳の男の子3人で、
今までになくにぎやかに、育児サークルらしい活動ができました。


新メンバーさんのうち、
Tさんは昨年秋に開いたプレパセージに参加してくださった方で、
人数が集まってパセージを開く前に、
誰でも気軽に参加できるサークルを開くのはとてもいいと思いますよ!と、
私を応援してくださった方です。
そして今回はお友だちのGさんを連れて来てくださったのでした。
Yさんは、常連メンバーのKさんがSNSに投稿してくださったAdlerjalaの紹介をご覧になって
来てくださいました。
みなさん、若干あやしそうな(笑)小さなサークルに飛び込んできてくださって、
ありがとうございました!
ご縁に感謝しております。

・・・感動が大きすぎて、すべてがはじめての貴重な体験で、
なかなか文章がまとまらないので023.gif
今回は何度かに分けて活動報告をしますね。


まずは、はじめましての自己紹介と、Adlerjalaの目的などを
ゆっくりおしゃべりしました。
新メンバーさんがどんな方なのか、どこでアドラー心理学やAdlerjalaをお知りになったのか、
とても興味深いお話をうかがえました。
最近のアドラーブームのおかげで、ずいぶんとアドラー心理学の名前はポピュラーになっているそうですね。
自助グループを開いていくうえでは、ありがたいことだなあと思いました。
でも、アドラー心理学は、体験してみないとわからない味わい深いものだと思います。
そして体験というのは、なにごとも若干の勇気がいるもののようで・・・

では次に「アドラー保育の歌」をみんなでうたいましょう♪と私が言うと、
新メンバーさんの間に少し緊張が走ったような気がしました。
そりゃそうですよね(^^;;)
知っている歌を人前で歌うのだけでも勇気がいるのに、今はじめて会った人たちと、
しかもあやしげなタイトルの知らない歌をいきなり歌うなんて。
すると常連のKさんが、「大丈夫ですよ、宗教じゃないですから(^^)」とナイスフォロー。
場がなごんで、とにかく試しに歌ってみましょうか、となりました。
いつもは「もしもしかめよ」で歌っていたのですが、
今回は「ふるさと」の歌に合わせて歌いました。
テンポがゆっくりなので、歌詞のことばを大切にしながら歌えました060.gif
はじめての方たちとひとつの作業をすると、
不思議と打ち解け合うんですよね。
みなさん、ご協力くださってありがとうございました!


それから、エピソードを聞いてストレングスを見つけるというワークに入りました。
まずはどんな感じなのか聞いていただくのがいいなと思ったので、
今回は私の秘蔵のエピソードを披露しました。(また別の記事にしますね)
なかなかに派手なエピソードだったということもあり、とても盛り上がりました!
次々にみなさんが私のストレングスや子どものストレングスを言ってくださるので、
うれしくてたまりませんでした。
私ばかりいい思いをしちゃってるわ、と申し訳なくも思いつつ・・・
でも、アドラー保育ってどんな感じなのか、雰囲気だけでも感じていただけてよかったです。


さいごに、新メンバーのGさんのエピソードをお聞きしました。
実は自助グループ史上、たいへんたいへん珍しいことだと思うのですが、
Gさんは今さっき私のエピソードのワーク中に、
目の前で繰り広げられたお子さんとのやりとりを、エピソードとしてお話してくださいました。
これはたいへんありがたいことでした!
メンバーのみなさんは全員、そのエピソードの場面を見ていたのですが、
同じ事実を体験しながら、おひとりおひとりがまったく違う考えや意見をもつんだということが、
はっきりとわかったからです。
さらにそれを実感できるよう、ロールプレイもしてみました。
そして、このエピソードに登場したGさんのお子さんとYさんのお子さんのストレングスまで見つけることができました。
メンバーのみなさん、ご協力ありがとうございました!
私にとって、たいへん多くの学びがありました。
ほんとうにありがとうございました。
(Gさんのご了解をいただいたので、このエピソードについても記事にします。お楽しみに!)



さて、次回のAdlerjalaは、3月14日(月)です。
なんと明日です(笑)
また楽しくて学びの多い時間をみなさまと過ごせることを楽しみにしております♪
ご都合のよい方は遊びにいらしてください056.gif

ご連絡はこちらです
m.mmiho.indigo.horizon@gmail.com
松村美穂



[PR]
# by adlerjala | 2016-03-13 10:59 | 黎明期

お知らせ

個人的なお知らせです。
3月4日に、Adlerjalaに参加したいとメッセージをくださったMさま、
ご連絡ありがとうございました!
会場の場所などをお知らせしようと返信したのですが、
電話番号からのメッセージではうまく送信できなかったようです。申し訳ありません。
よろしければ、こちらのアドレスからもう一度メールしていただけませんか。
お手数おかけして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

松村美穂
m.miho.indigo.horizon@gmail.com

[PR]
# by adlerjala | 2016-03-07 11:56 | 黎明期

第5回Adlerjala

2月26日にAdlerjalaを開きました。
メンバーはいつもの3人でした003.gif
ですが、他に4名の方から、参加したいとご連絡をいただきました!
ありがとうございました!
残念ながら今回は日程の調整がつかず、皆さん不参加となってしまわれましたが、
ご都合のよいときにはぜひぜひいらしてください053.gif053.gif


今回はかなり濃い内容でした。
まずは基礎講座応用編前半に参加した私とメンバーさんが、
その興奮を思わずシェアリング(笑)
お話を聞いてくださったのはパセージリーダーさん(しかもアドラー心理学会公認カウンセラーさん)なので、
パセージから飛躍して、アドラー心理学のフォローアップ勉強会になりました。
エピソード分析やライフスタイルについて消化不良気味だったところが、
胃におさまってきた気がしました。
でも「ひとつ新しいことを入れたら必要なことがひとつ抜ける」のは
その通りなので、何事もあせらず、
忘れては思い出し、また忘れては思い出ししながら学び続けていきたいです。


それから、お知らせしていましたワークをしました。
楽しくて、たいへん多くの気づきがありました。
・・・ですが、このワークはおそらく内容を詳しく説明しない方がより楽しめると思います。
みんなで力を合わせて時間内にあるゲームをやり遂げるのですが、
その間、言葉を使ってはいけないのですね。
かなり追い詰められます(笑)
ゲーム終了後、自分がゲーム中に思ったことに近いものを、別紙の感想表から選びます。
それをチャート化すると、自分のライフスタイルのパターンがおおよそ見えるという、
そのようなワークでした。

アドラー心理学は個人個人の個性をとても重視しますし、
その場その場の一度きりのエピソードを重視しますので、
「この場合にはこういう対処」という方程式を好みません。
なので、いわゆる類型化はあまり好まれないのですが、
それでも、自分の好みの行動パターンや、
好みの「〜すべき」という思い込みを知っておくことは
自分のライフスタイルを知る手がかりになります。
・聴覚型or視覚型or触覚型
・きょうだい布置(長子or中間子or末子or単独子)
・4つのライフスタイルのパターン
など、アドラー心理学で取り上げるいくつかの類型があります。
血液型とか星座とかよりは科学的で、かなり当たると思いますよ。

私自身は、かなり強くD型という結果になりました。
自己分析は当たらないと言われていましたが、予想が当たってびっくりです。
D型って何?と思われた方は、Adlerjalaに遊びにきてくださいね♪


その後、メンバーさんのエピソードをお聞きしました。
「したくなくてもすべきことをして、したくてもしてはいけないことをしない」
ということを子どもに学んでもらうのって、たいへんですよね・・・。
陰性感情を使わず、賞も罰も使わず、子どもと相談しながら・・・
パセージではそういう方法を学ぶのですが、
毎日毎日起きる事件の現場で、渦中の当事者である自分が、
パセージを実践するのはなかなかにたいへんなことです。
でも、失敗をしてしまったら、みんなに聞いてもらって、
勇気づけてもらって、よりよい方法を考えていきましょう。

Adlerjalaが、お母さんたちのための勇気づけの場になれれば幸いです。
でも、もう一度パセージを受講したいなあ、早く開けないかなあと
失敗を繰り返している私は思っています。
パセージの受講にご興味のある方がいらっしゃったら、ぜひご連絡ください。
8人ほどメンバーが集まれば開くことができます056.gif
(パセージの紹介はまた別の記事に載せますね)


3月のAdlerjalaは、異なる曜日で行います。
11日(金)
14日(月)
29日(火)
ご都合のよい日があれば、1日だけでもお気軽にいらしてください016.gif

055.gifご興味のある方は以下までご連絡ください
 m.miho.indigo.horizon☆gmail.com (☆を@に変えてください)
松村美穂



[PR]
# by adlerjala | 2016-02-29 17:19 | 黎明期

アドラー心理学に基づく子育てサークルAdlerjala(アドラージャーラ)活動報告


by 稲穂
プロフィールを見る