4月26日定例会

4月26日に、Adlerjala定例会を開きました。
参加してくださったメンバーさんは2名でした。ありがとうございました110.png


はじめに、前回の定例会でエピソードをお話してくださったメンバーさんに、
その後の子どもさんとのことについてお聞きしました。
エピソードと似たような場面で、子育ての心理面の目標などを思い出されて、
穏やかにやり取りが進んだそうです!
アドラー心理学の子育てには目標があるということ、
一本芯が通っているところがいいなあと思うと言っていただけて、
たいへん嬉しく思いました。
迷ったら、困ったら、まず子育ての目標に立ち返ってみる、
という基本の大切さをあらためて実感しました。



次に、もう一人のメンバーさんの最近のことについてお聞きしました。
相手役さんが大人の方でしたので、
今回は「アドラー育児の歌・保育の歌」は歌わず、「勇気づけの歌」を唱和しました。
「勇気づけの歌」の中で、気になった部分や、そうだなあと納得した部分について話し合いました。



競合的とは相手を裁きつつ  良いと思えば褒美を与えるし

悪いと思えば罰を与えるが  これには多くの副作用がある(4)


こちらの顔色うかがうようになり  賞罰なければ勝手にふるまうし

勝ち負け争い関係悪くなり  いつも不安におびえて生きてゆく(5)


協力的とは相手を裁かずに  力を合わせて一緒に働くか

相手を信じて口を出さないで  対等の位置で互いに助け合う(6)


感情使えば相手は敵になる  味方でなければ協力難しい

「よかった」と言って感情落ちつけて  冷静になって仕事にとりかかろう(8)


 「勇気づけの歌」 作・野田俊作 より引用




それから、ひとつのエピソードをお話していただいて、
エピソードを書きとらせていただきました。

実際の会話のやり取りを文字にすると、
自分がどんな行動をしていたのか、どんなことが起きていたのか、
客観的にみることができます。
それから、相手のセリフのときに自分の感情がどんな大きさだったかを、
自分の感情を−5から+5までの幅で教えてもらいました。

相手役さんとの関係性とか、メンバーさんがどんなことについて陰性感情を持っているのかとか、
お話をきかせてもらいました。
今回はエピソード分析はせずに、「よかった」という手法を使うことにしました。

エピソードの中で陰性感情を計測したときの、相手役さんのセリフをひとつ取り出して、
そのセリフを言われた「現場」に帰ってもらって、
その状態で、その場面で「よかった」と思うことを探してもらいました。
はじめメンバーさんから、え、それは難しいです!と言われてしまいましたが、
苦しみながらも「よかった」ことを見つけていただきました。
ご協力くださってほんとうにありがとうございました106.png162.png

これがパセージでの「不適切な側面のよい部分に注目する」ということでもあって、
メンバーさんがおっしゃった通り、とても難しい、ときには苦しい作業です。
でも、この過程を経て相手のよい側面に気づけると、
相手とどうやって協力できるかな、ということが考えられるようになると思います。



それと同時に良い面見つけ出し  そこにしっかり感謝し喜ぼう

プラスの面に正の注目が  できればマイナス消えていくだろう(10)


雑草抜いても次々生えてくる  それより大きな花を咲かせよう

マイナスなくす努力をするよりも  プラスを伸ばす努力をすればよい(11)


人は善意で行動するのだが  私の気には入らないこともある

それでも善意であるには違いなく  それがわかれば感謝もできるだろう(12)



 「勇気づけの歌」 作・野田俊作 より引用




今回は、パセージ中心のいつもの定例会より、濃いめのアドラー心理学の学び合いになりました。

子育て以外のお話も、こうやって「勇気づけの歌」を参考にしながら話し合っていくのもいいなあと思いました。

ご協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。



[PR]
# by adlerjala | 2018-05-05 16:38 | 定例会

4月19日定例会

4月19日にAdlerjala定例会を開きました。
参加してくださったメンバーさんは2名でした。どうもありがとうございました177.png

最近子どもさんとの間であったできごとについて、お二人のお話をうかがいました。


ある日あるときあるところで起こった、一度きりのできごとのことをエピソードと言いますが、
アドラー心理学では、このエピソードをもとにお話をお聞きします。
パセージも、カウンセリングも、心理療法も、エピソードをもとに話し合ったり、分析を進めたりします。
エピソードは、日常の中のささいな会話のやり取りだと言うことはできますが、
そこにはお話してくださった方の感情や考えや価値観、
エピソードに出てくる相手役さんとの関係性など、その方の大切な個性が表れています。
「(事例提供者の)言葉のひとつひとつは、血の一滴一滴だ」
と、私は野田先生から何度も教わりました。
私はまだまだ未熟ではありますが、
このエピソードはどんな場面だったのかな、
この方はどんな気持ちだったのかな、どんなことを考えていたのかな、
本当はどうなっていたらよかったのかな、相手役さんはどうだったのかな、
と、味わいながらお話をうかがっています。
このAdlerjalaで、毎回たくさんのエピソードを聞かせていただけるのが、本当にありがたいです。
皆さまと共に、少しずつでも成長していきたいと思っています。



一つ目のエピソードは、
メンバーさんがとった行動が、子どもさんにとって本当に良かったのかな、という迷いがあったお話でした。
みんなで質問をし合ったり、話し合ったりした後、「アドラー保育の歌」を歌いました。

♪まず感情をおちつけて よい関係を保ちましょう
 いけないところは気にせずに できたところはよろこぼう

 いけないこととすべきこと 理由をちゃんと説明し
 わかってもらって選ばせて その他は自由にまかせよう

 言葉を使って予測をし 体験通じて学ばせて
 世界の仕組みを知るように かしこい子どもを育てよう

 いつでも居場所があるように 人は仲間と思うよう
 自分を信頼できるよう 勇気づけつつ育てよう    ♪

「アドラー保育の歌」の歌詞のひとつひとつを点検してみると、
どうやらこのエピソードの場面では、子どもさんはメンバーさんとよい関係が保てていて、
子どもさんの気持ちになってみると、問題はなかったようでした。
でも、そうやって話し合った後でも、
メンバーさんにはまだ不安というマイナスの感情がある様子でした。

そこで、パセージテキスト30Lの読み合わせをして、
子育ての心理面の目標の確認をしました。
(2月26日の定例会と同じように進めました。詳しくは前回の記事をご覧ください。)
すると、子どもさんは「ぼくには能力がある、メンバーさんはぼくの仲間だ」と思えていて、
きちんと勇気づけられていたのではないかな、と思えました。

「不安」を作り出す目的は、何なのでしょう?
たいていの場合、上手くやりたい、とか、成功させたい、という良い意図があるのではないでしょうか。
だから自分が慎重に行動するために、「不安」というブレーキをかけているように私は感じます。
マイナスの感情は、悪いものではありません。
「陰性感情は、必要があって作り出されているものです。」(パセージテキスト30Lより)
自分の感情の揺れに気づいておいて、感情がマイナスに振れたときに一度立ち止まる、という練習をしてみると、
自分がどういうときに「怒り」や「不安」を使おうとしているか、
陰性感情の目的を考えやすくなると思います。
目的さえはっきりすれば、
(パセージテキストによると陰性感情でその目的を達成することはほぼ不可能ですから)、
冷静にその目的を達成する方法を考えて、行動することができるようになります。

このエピソードをお話してくださったのはパセージ未受講のメンバーさんでしたので、
初めは不安の目的を考えることにびっくりされていましたが、
アドラー心理学の考え方で、一緒に考えてくださいました。
これなら次の行動の選択肢が増えますね、とおっしゃっていました。



次に、「勇気づけの歌」をみんなで唱和しました。
(「勇気づけの歌」はアドラーギルドHPからダウンロードできます。)
Adlerjalaで唱和するのは初めてでした。
今日は大人だけだったので、全文を唱和して、気づいたことなどを話し合いました。
感動的な歌で、たいへんよかったと言っていただけました。
勇気づけってなんだろう?という問いをぶらさげながら、この歌を時々読んでみると
パセージの理解も深まるように思います。
ただ、この歌は少し長いですし、集中力も要りますので
子どもさんが来られているときは、様子を見ながら部分だけを唱和するなど、
工夫しながらやってみようと思います。
(「アドラー育児の歌・アドラー保育の歌」は、メロディーに合わせて歌うので子どもさんたちにも人気です♪)




最後に、もう一人のメンバーさんのエピソードをうかがいました。
協力するということがテーマになりました。

  協力的とは相手を裁かずに

 力を合わせて一緒に働くか

 相手を信じて口を出さないで

 対等の位置で互いに助け合う(6)

  (「勇気づけの歌」 作・野田俊作 より) 

子どもさんに、言葉ではっきりと「〜してください、〜してちょうだい」とお願いされたら、
私たちは手伝うことができます。
もちろん、断ることもできます。
どちらを選ぶにしても、協力的に行動できるように、
子どもを勇気づけられるように、共に学んでいきたいなと思います。



皆さま、今回もたくさんの学びと、楽しい時間をありがとうございました178.png
次回の定例会は4月26日木曜日です。
ご参加いただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
# by adlerjala | 2018-04-23 15:23 | 定例会

2月26日定例会

更新がたいへん遅くなってしまいましたが、2月26日にAdlerjala定例会を行いました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!


この日の参加メンバーさんは3名、それから0才〜3才の小さい子どもさんたち3名でした。
自己紹介をして、「アドラー保育」の歌を歌いました。
今回もエピソードをたくさん聞かせていただきました。
小さい子どもさんたちのお話は、とってもかわいらしいです113.png
事例をお話してくださるお母さんたちも、子どもさんのことをとても思いやっていて、
すてきですね!と、みなさんとにこにここしながら聞きました。
でも、お母さんたちは気になることがあるからエピソードを出してらっしゃいます。
「アドラー保育の歌」と、パセージの「子育ての目標」を参考にして、
お母さんたちの気になることって、いったい何なんでしょうね?と話し合いました。


今回使わせていただいた3つのエピソードは、外出先でのお話でした。
「アドラー保育の歌」2番の
いけないこととすべきこと 理由をちゃんと説明し
 わかってもらって選ばせて その他は自由にまかせよう♪
を中心に話し合いました。

子どもさんのすることは、3つに分かれます。
・いけないこと
・すべきこと
・その他

例えば、
・お店の商品を勝手に触ること=いけないこと
・お店で静かにすること   =すべきこと   
と考えることができます。
これは世の中のルールなので、ぜひ子どもさんにわかってもらって、守ってもらいたいことですね。
お母さんも子どもさんも落ち着いた状態で、このルールについてお話をすれば、
子どもさんは守ってくれそうだと事例提供者さんは言ってくれました。
この3才の子どもさんは、お母さんのお願いを聞いてくれて、
この日の定例会の間、ごきげんで静かに遊んで過ごしてくれました110.pngありがとうございました。
私たちは、小さい子どもたちとも協力することができるんだなあと、
あらためて気づかせていただきました。


では、1才の子どもさんが
・あいさつすること
・寒い日に上着を着ること
は、「すべきこと」でしょうか?
・あいさつしてくれた人を知らんぷり(無視)すること
・薄着で出かけること
は、「いけないこと」でしょうか?
もちろん、子どもたちにはあいさつができる人になってほしいですし、気候に合った衣服の調整をしてほしいです。
ですがこれらは、今守るべきルール(いけないこと、すべきこと)とは少し違って、
その他に当てはまることかもしれません。
徐々に身につけてもらいたいこと、学んでいってもらいたいこと、と考えることもできそうです。
子どもたちに学んでもらうために、どんな工夫ができるかということを
パセージでは詳しく学んでいきます。どうぞお楽しみに!



今回は、陰性感情のひとつである「不安」についても話し合いました。
前回は「怒り」について話し合いましたが、
不安は未来のできごとについての陰性感情、怒りは現在のできごとについての陰性感情だ、と
私は野田先生からお聞きしたことがあります。
「こんなことをしていたら、将来この子はこんなたいへんなことになってしまうかもしれない122.png
って不安に思うこと、私もあります。そしてとても苦しい気持ちになってしまいます。
でも実際は、子どもは私の思うほどたいへんなことになんてならないんですが…。

「アドラー保育の歌」1番を歌いました。
♪まず感情をおちつけて よい関係を保ちましょう
 いけないところは気にせずに できたところはよろこぼう♪
不安な気持ちのままでも、よい関係を保つことができません。

パセージテキスト30Lを読み合わせもしました。
陰性感情にまず気づくこと。
それから
1、感情の目的はなにか
2、この感情でもって目的は達成できるか
を考えてみます。

そして、自分の子育てや子どもさんのことが不安になったとき、
まずは子育ての目標を思い出してみませんか?と、おすすめしました。
<子育ての心理面の目標>
 私は能力がある。
 人々は私の仲間だ。
<子育ての行動面の目標>
 自立する。
 社会と調和して暮らせる。

私たちには能力があります。
そして、私たちには仲間がいます。
みんなたくさん失敗しますし、
私もパセージの実践ができないことがたくさんありますし、そのことで落ち込む日もありますが、
でもこうして共に学ぶ仲間がいてくれて、ほんの少しずつでも、前に進んでいます。
私たちも自立して、社会と調和して暮らせるように、毎日成長していっています。
私たちの子どもたちはどうでしょう?
ぼくには能力があるぞ、お母さんはぼくの仲間だぞ、って思ってくれているなあ
って思いませんか?
子どもたちが自立して社会と調和して暮らせるように、たくさんのことを学んでいってほしいです。
その学びを、応援し、援助していけたらと思います。




今回は、みなさんに私のエピソードも聞いていただきました。
たくさん勇気づけてくださって、本当にありがとうございました。
実は2月から3月にかけて、私が長男(小学2年生)の子育てに悩んでいました。
Adlerjala定例会をなかなか開けなくて申し訳なかったです。
この機会に、パセージをいちから丁寧にやり直してみました。
本当にパセージの理屈通りだと実感しました。
私の行動が変われば、長男の対応も変わりました。
春休みは落ち着いて過ごすことができ、新学期を迎えて、今はようやく落ち着いた関係を保てています。
これからもパセージの実践をがんばっていきます。



4月の定例会は、19日(木)と26日(木)です。
ご参加いただければ嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
# by adlerjala | 2018-04-16 15:43 | 定例会

1月31日定例会

今年初めてのAdlerjala定例会を1月31日に開きました。
参加してくださったメンバーさんは大人の方5人と子どもさん1人でした。
そのうち、初めて来られる方が1人、お久しぶりの方が2人でした。
パセージを受けられた方もまだの方も、子育て経験のある方もない方も、
様々な立場の方々との様々なご縁でこうして集まっていただけて、
本当にありがたいなあと思いながら、和やかな時間を過ごすことができました。
みなさまありがとうございました110.png


はじめに、Adlerjalaの目的をお話ししました。
子どもたちと親たちと、子育てにまつわる方々とが、
アドラー心理学の育児を通してあたたかいつながりをもてるようなコミュニティをつくっていけるように、
みなさまと学んでいけたらいいなと思っています。

自己紹介をしあって、
アドラー保育の歌・アドラー育児の歌を歌いました。
パセージを受けられた方が、「この歌はパセージのエッセンスがぎゅっとまとまっていますね!」と言ってくれました。
パセージのテキストは内容が盛りだくさんなので、
どこかに書いてあったんだけどどこだったかな?と探しにくいこともありますが、
アドラー保育の歌・アドラー育児の歌の歌詞を参考にすると、パセージを思い出しやすいです♪

初めての方のご感想をもとに、アドラー育児の考え方や目的について少し話し合いました。
パセージテキスト1Lを読み合わせしました。


今回は1歳の子どもさんのエピソードと、小学校低学年の子どもさんのエピソードをもとにして話し合いました。
エピソードをお聞きして、事例提供者さんが気になっていることを話していただきました。
メンバーさんから質問があったり、意見を交換したり、
ときどきアドラー育児・保育の歌とパセージテキストを参考にしたりしながら、
私たちは子どもに対してどんなことができるかな、と考えました。


1歳の子どもさんのエピソードからは、感情的になったときはどうすればいいか、がテーマになりました。
アドラー保育の歌の1番 ♪まず感情を落ち着けて♪です。
パセージテキスト30Lと30Rも読み合わせしました。

怒りや不安という陰性感情は、どうしても起きますよね。
でも陰性感情自体はなくすべきものではなくて、人間にとって必要なものです。
問題は、敵や危険に対して使うべき陰性感情を、大切な仲間の子どもに対して使ってしまうところにあるだけです。
このときの事例提供メンバーさんの感情の目的は何だろう?とみんなで考えると、
その目的は子どもさんのためを思っていて、とてもよい目的でした。
それに、小さい子どもさんにとっては、この場面では必要なことのように思われました。
メンバーさんの行動には他にどんな選択肢があるかな、どんなことができるかな、と話し合いました。

愛情はたっぷり。ただ技術が未熟なだけ。
今までどうだったかではなくて、これからどんなことができるか。
メンバーさんどうしで、お互いに勇気づけ合うご意見がたくさんうかがえて、
グループっていいなあ!と感動しました。



小学校低学年の子どもさんのエピソードでは、子どもを勇気づけることがテーマになりました。
アドラー育児の歌1番 ♪どんなときでもプラスを見♪です。
パセージテキスト5Lを読み合わせしました。

子どもさんが大きくなってくると、子どもの課題が増えて、子どもに関する大人の課題が減ってきます。
1歳の子のお世話と、小学生のお世話では、大人がどこまで手伝えるか、全然違いますね。
それでも私たちは、いつでも、どんなときでも、子どもを勇気づけることができます。
アドラー育児は、「ほめない、叱らない、勇気づけの育児」です。

パセージでは勇気づけの方法をステップアップしながら学んでいくので、
詳しいことはパセージをお楽しみに!なのですが…
今回はまず、「不適切な行動の中の適切な側面を見つける」ということを話し合いました。
この場面での子どもさんの適切なところやよいところ、事例提供メンバーさんのよいところを出し合いました。



子どもを勇気づけるために、まず私たち大人自身が勇気づけられていなきゃいけないんだなと思いました、
というご意見が出ました。
子ども相手に生活していると、すべきことはたくさんなのに思い通りにいかないこともたくさんで、
楽しいはずなのに不安にもなるし、1人で困ってしまうときもあると思います。
小さなサークルではありますが、Adlerjalaがみなさまとご一緒に、
親も子もよいところがたくさんあるね、選択肢も他にたくさんあるんじゃないかな、と話し合い、
お互いに勇気づけあえる場になれば、なにより嬉しいことだと思っています。
みなさま、今回も有意義な時間をありがとうございました162.png



2月の予定は
7日(水)、22日(木)、26日(月)です。
ご参加をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。
松村 m.miho.indigo.horizon@gmail.com








[PR]
# by adlerjala | 2018-02-02 13:11 | 定例会

自助グループどうしの繋がり

アドラー心理学の育児の考え方や、育児コースのパセージというのはシンプルなんだけど、
実践するにはひじょうに根気と鍛錬がいります。
自助グループに通って、仲間と勇気づけあって、
少しずつステップアップしていけるものだと思います。

私自身は、私の母からパセージやアドラー心理学に基づいて育てられました。
だからパセージの技やアドラー心理学の考え方というのは私にはおなじみのものではあるのですが、
実際自分の子どもに対して使えるかというと…
実践はなかなかです105.png
パセージを2回受講して、
アドラー心理学の野田先生の講座もいくつも受講して、
パセージリーダー養成講座もカウンセラー養成講座も受講しましたが、
まだまだ修行未熟です。


私の日々の子育ての様子はこちらのブログに綴っていますので、よろしければご覧ください。
『或る日或るとき或るところ』
http://episodeadler.exblog.jp

失敗したりちょっと成長したりの日々ですが、
この度自助グループAdlerjalaを再開して、
私はメンバーさんたちにとても勇気づけてもらいました。
かんぺきにはできなくても、できることをひとつずつやっていこう!
と思えました。
本当に、ありがとうございました。



全国各地に、アドラー心理学を学ぶ自助グループがあります。
自助グループのリーダーさんたちみんなには、全国にリーダーさんのお友だちがいます。
それぞれにSNSで情報を交換したり、お互いに行き来したり、
あるいは日本アドラー心理学会の総会や地方会、様々な講義や勉強会で集まって、学び合っています。
そうやってリーダー同士で学び合ったことを自助グループに持ち帰って、
また地元で広めていくという活動をしています。

今日は私のお友だちのうち、お2人のリーダーさんのブログを紹介します。
(以前にもご紹介したことがありますが、あらためて…)

『かぞくのカタチ』
http://meglion.hateblo.jp
埼玉で活動中のリーダーさん、うさ子さんのブログです。

『アドラー心理学で「子育て」勉強中!東北・盛岡』
http://blog.livedoor.jp/adler_toi/
盛岡で活動中のリーダーさん、りっちゃんさんのブログです。



お2人のブログを読ませてもらうと
アドラー育児ってどういうものなのか、
パセージってどういうコースなのか、
自助グループの活動ってどういうものなのか、
すごくわかりやすいと思います。

全国各地にこういうリーダーさんたちがいらっしゃるので、
時々ご紹介していこうと思います。
1人でアドラー心理学を学べないように、
実は自助グループも、ひとつのグループだけでの活動は難しいんです。
多くのリーダーさんのおかげで、私もなんとか活動させてもらっています。
この場を借りて、感謝の気持ちを伝えさせてください。



[PR]
# by adlerjala | 2017-12-03 12:39 | 自助グループリンク

アドラー心理学に基づく子育てサークルAdlerjala(アドラージャーラ)活動報告


by 稲穂
プロフィールを見る