2月18日定例会とパセージメンバーさん募集のお知らせ

2月18日にAdlerjala定例会を開きました。
参加してくださったのはおふたりでした。ありがとうございました179.png

まず、パセージ開催に向けての打ち合わせをしました。
みなさまのご協力で、3月3日の第1章は開催が決定しました!!
毎週日曜日のコースですが、2章以降、人数不足になりそうな日があります。
もしパセージの受講を迷っておられる方がいらっしゃいましたら、
この機会に受講していただけるととても助かります。
お申し込みはまだ受け付けておりますので、ご連絡ください。
日程のこと、子どもさんのことなど、気になることがありましたらお気軽にお尋ねください♪

パセージ@鳥取の詳細はこちらです177.png
http://adler.cside.ne.jp/common/pdf/passage_tottori_1903.pdf

💌m.miho.indigo.horizon@gmail.com
  松村美穂



前回学ばれたことは何かということを話していただいて、
今回までにどんなことがあったのかについて、お話していただきました。
これは誰の課題かな?と考えることで、落ち着いて考えることができるようになって、
陰性感情をもつことが少なくなったと言っていただきました110.png
陰性感情をもたずに接していると、相手役さんとの関係が良くなってきたと思う、
とも言っていただきました。
私の行動が変われば、相手の行動も変わるみたいですね。
毎回メンバーさんたちの成長を感じあうことができて、とても嬉しいです。



子どもさんとのことで困っているというエピソードをお話していただいたので、
ブレークスルークエスチョンズと、ロールプレイを取り入れてみんなで話し合いました。

まずは事例提供者さんの良いところ、ストレンクスを出し合いました。
それから、この場面での子どもさんの適切な側面を考えました。
事例提供者さんはずっと優しく子どもさんに接していらっしゃったので、
子どもさんは事例提供者さんのことを仲間だと感じられていたようでしたが、
私には能力があるという信念は持てないようでした。
子どもさんは非主張的であることによって、
自分のすべきことをしないでいい状況をうまく作っているようでした。

事例提供者さんが、どういう対応をしたらいいのかわからないとおっしゃったので、
2L「どんな場合に子どもは不適切な行動をするか」を読み合わせて、
この場面で何が起こっているのかを考えました。
3L「正の注目と負の注目」の1と2も読み合わせました。

子どもさんに学んでもらいたいことは何ですか?とお聞きすると、
自分の気持ちを言葉で伝えること、と答えてもらいました。
これはぜひ学んでもらいたいことですね。
そのためにできる工夫は?と、みんなでパセージテキストから探しました。
4L「子どもの不適切な行動にどう対処するか」に色々とできそうな工夫が書いてあって、
11L「さらに子どもの話を聴く」にも書いてありました。

それから、代替案として、具体的にはどうやって子どもさんに質問しよう?とみんなで考えました。
開いた質問、閉じた質問、色々な質問を考えてみました。
「何かお手伝いできることはありますか?」
というパセージの定石が、うまく使えそう!ということだったので、
ロールプレイをして、代替案も試してみました。

事例提供者さんは、
子どもさんの反応は、まだどういうものになるか想像ができないけれど、
きっと今までとは違う反応を返してくれそうです、と言ってくださいました。
また、この場面で学んでもらいたい「自分の気持ちを言葉で伝えること」は、
小さい子どもさんですので、すぐにはできないかもしれないけれど、意識してもらえそうで、
そして、子ども役をしてくださったメンバーさんも、
この代替案なら1Lの心理面の目標に向かっていると思う、と言ってくださいました。

最後に、20R「頼み方の4つのパターン」を読み合わせて話し合いました。
主張的に主張するということは、よい関係を作るためにひじょうに大切なスキルだと思います。
私も、パセージやアドラー心理学を学ぶことで少しずつできるようになってきたかな…というところです。
子どもさんにも、少しずつ学んでいってもらえたらと思います。



今回は、どうしても大きな陰性感情をもってしまったというエピソードも話していただけたので、
それは私的感覚に関係があるのかもしれませんね、という話し合いをしました。
私的感覚は、その人特有の価値の尺度のようなものです。
事例提供者さんの私的感覚がひとつ見つかって、
色々なエピソードに関連する陰性感情のもとが発見できたようでした。
ぴったりの私的感覚が見つかると、自分の取り扱い方がよくわかると思います。
ぶら下げて暮らしていただけたらなと思います。

それから、権力争いの構造について、ピンポンゲームの図を書いてお話しもしました。
確かにこの通りだ!と、たいへん盛り上がりました102.png
どこで権力争いから降りるのか、ということも気づいていただけたみたいでよかったです。


今回も盛りだくさんの内容で、深い学びとなりました。
私にとっても、ロールプレイをさせてもらうことでパセージの予行演習ができました。
みなさまご協力くださってありがとうございました162.png



3月4月は、パセージを開催しますので、その間Adlerjala定例会はお休みさせていただきます。
5月の連休明けから再開しますので、日程が決まればこちらでお知らせします。


# by adlerjala | 2019-02-20 17:53 | 定例会

2月7日定例会

2月7日にAdlerjala定例会を開きました。
参加してくださったのは、大人3名、小さい子どもさん1名でした110.png110.png
どうもありがとうございました。

まず、3月から開催予定のパセージについて、打ち合わせをしました。
こうやってみんなで協力して準備できることが、とても嬉しいです。

パセージは6名以上で開催できるのですが、まだメンバーさんが集まっていません。
ご興味のある方は、受講をご検討いただけるととても助かります!
詳細はこちらをご覧ください♪


前回学んだことを話していただいて、
それを活かしてどんなことを実践されたのか、それぞれにお話していただきました。
子どもの課題と親の課題は何かなと考える。
子どもの課題にはなるべく介入せずに、
共同の課題にできることは何かなと探す。
いつも、子どもに何を学んでもらいたいか、と考える。
みなさんが現場でこれらのことが段々とできるようになっておられて、
そのことにお互いに感動しあっておられて、すばらしい時間でした。
仲間のがんばりを聞くことがとても励みになって、
私もていねいにパセージを実践しよう!とあらためて思いました。


「勇気づけの歌」を全部唱和して、気づいたことについて話し合いました。
よい関係を作っていくためにどんなことができるか、というテーマになりました。
職場の人間関係や、大人になった子どもとの関係、
兄弟間競合や、愛と交友と仕事のタスクについてなど、
アドラー心理学ではどう考えるかということについて話はふくらみました。


今回は2歳の子どもさんとのエピソードをひとつ取り上げて、みんなで考えてみました。
前回のエピソードと似たような状況で、
前回のエピソードはうまくいったのだけれど、これはどうもうまくいかないというお話でした。
話し合うと、子どもの課題について介入しているという構造だ、と事例提供者さんも気づかれました。
パセージテキスト1L「子育ての二種類の目標」と、27L「自然の結末」を読み合わせしました。

歯磨き、お風呂、食事、などなどは、子育てで大事なことですが、
これらは全部子どもの課題です。
それらをしたり、しなかったりすることによる結末は、子どもの身にだけふりかかりますからね。
(子どもが歯磨きをしないことによって、親が虫歯になったりしません104.png
でも、じゃあ子どもが嫌がるからといって歯磨きしないのを放っておいていいというわけでもありません。
アドラー心理学の育児は放任育児ではありません。
子どもが適切な信念を持ち、適切な行動をできるように勇気づけるのが、アドラー心理学の育児です。
ですからもちろん、歯磨きをしてお風呂に入って、お行儀よく食事をできる子になってもらいたいものです。
でも、歯磨きとかお風呂とか食事が目的ではなくて、
適切な行動を知っていて、それを選べるということが目的なのだと、私は理解しています。

小さな子どもは、今、適切な行動が何なのかを学んでいる最中です。
歯磨きすると気持ちいいね、お風呂にはいるとあったまるね、お行儀よく食事ができたら素敵だね、
そういう生活のひとつひとつを、親子で一緒に楽しみながら、喜びながら過ごしていると、
適切な行動を学び、選んでいってくれると思います。
そしてもしうまくいかなければ、パセージに戻ってみんなで点検してみましょう178.png


忙しい毎日の中で、いちいちそんなのんきにやってられないと思われますか?
でも子どもたちは、成長したい人々だと私は思います。
できることが増えていくこと、上手にできるようになっていくことを、本当に嬉しく思う人々です。
その喜びを一緒に分かち合うことで、私たちにも協力をしてくれるようになると、私は感じています。
共に成長を喜んでくれる人のことを、仲間と言うと思うからです。


今回もたいへん深い学びの時間でした。
みなさまどうもありがとうございました162.png

次回の定例会は、2月18日(月)です。

パセージについても、定例会についても、お気軽にお問い合わせください♪
💌m.miho.indigo.horizon@gmail.com
 松村美穂





# by adlerjala | 2019-02-16 18:31 | 定例会

パセージ@鳥取のお知らせ

3月3日から、鳥取市内で
日曜連続のパセージを開催予定です178.png




会場 こぶし館

リーダー 松村美穂

連絡先  松村美穂 (m.miho.indigo.horizon@gmail.com
        お気軽にお問い合わせください♪


詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
お心当たりの方にお知らせしていただけるととてもありがたいです110.png110.png
どうぞよろしくお願いいたします。


# by adlerjala | 2019-02-05 12:25 | お知らせ

1月24日定例会

1月24日にAdlerjala定例会を開きました。
参加してくださったのは、大人の方2名と、0歳の子どもさん1名でした。
どうもありがとうございました179.png

もうすぐ3歳の子どもさんのエピソードをお話していただけたので、
パセージテキストを読み合わせしながら、みんなで話し合いました。

事例提供者さんはパセージを受講された方で、
何かが起こるたびに、これはパセージのどこが使えるかな?こうやってみればいいかな?って、
いつも考えながら行動されているご様子でした102.png102.png
感情を落ち着けて、子どもさんに優しく接していらっしゃるのも素敵ですね!と話し合いました。
パセージを実践しているのに、なんだかうまくいかない…ということは、
実践を続けているとよくあることだと思います。
そんなときは、テキストを見返したり、自助グループでみんなで話し合ったりして、
新しい選択肢を手に入れて、次の機会に試してみられることで、
きっとまた一段とパセージが身につくと思います。
ひとつひとつできることが増えていって、その姿にメンバーさんたちも勇気づけられる、
そんないい循環ができていけばいいなあと思います♪


お話ししていただいたエピソードは、子どもさんとお約束をするときの場面でした。
そしてそのお約束が守られなかったために、事例提供者さんに(周りの方にも)少し迷惑がかかった場面でした。
パセージテキスト33L「ルールを決める」
        13L「子どもの課題と親の課題」
        16L「子どもの課題を共同の課題にする(1)」
        17L「子どもの課題を共同の課題にする(2)」
        24L「目標の一致」
を読み合わせて、
「アドラー保育の歌」を歌いながら、話し合いました。

まず子どもの課題と親の課題を分けて、共同の課題にできそうなことは何かなと考えました。
子どもさんに学んでもらいたいことを考えて、
それから、24Lの図を見ながら、代替案を考えていきました。
今回はロールプレイもやってみました。
子どもさんの話を聴いて、一緒に作ったお約束(ルール)だったら、守ってもらえそうですねと確認できました。
でも、それでももし守ってもらえなかったら…?
そのときはそのときで、またご一緒に考えて工夫してみましょう♪
私たちは失敗からたくさんのことを学ぶことができます。
「次の機会がくるのが楽しみです!」と
にこやかにおっしゃった事例提供者さんに、私もとても勇気づけられました110.png


その他にも、
子どもさんが賞を求めて適切な行動をしているのでは?と気になっている、というエピソードや、
子どもに学んでもらいたいことを学んでもらえたかな?と気になっている、というエピソードを
お話ししていただけました。        
パセージテキスト4R「行動の目的にはどんなものがあるか」
        8R「賞と勇気づけはどこが違うの?」
        1L「子育ての二種類の目標」
などを読み合わせました。

話し合うと、子どもさんたちにはたくさんのストレンクス(良いところ)が見つかりました。
子どもたちのストレンクスを伸ばして、それを使って世の中に役立ててもらえるように、
私たちにできることはたくさんあるのだなあと思いました。
そして、そういう場を作っていかれているメンバーさんたちのお話に感動しました。
アドラー育児の歌にあるように、♪どんなときでもプラスを見♪ていきたいですね。
「子育ての目標と、子どもに何を学んでもらいたいかということを意識していると、
 選べる選択肢がとても増えるなと思いました。」 
と言っていただけて、嬉しかったです。

今回も深い学びの機会となりました。
みなさま、ご協力くださってありがとうございました。
ずっと静かに過ごしてくれたMちゃんも、どうもありがとうございました162.png



2月のAdlerjala定例会は
7日(木)と18日(月)です。

そして…
パセージのお知らせです!
3月4月の週末に、8週連続のパセージ@鳥取を計画中です✨
日時など詳細が決定しましたら、またこちらでお知らせいたします。
9時半〜12時の開催予定です。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください♪

💌m.miho.indigo.horizon@gmail.com
 松村美穂






# by adlerjala | 2019-01-26 13:22 | 定例会

1月17日定例会

1月17日にAdlerjala定例会を開きました。
参加してくださったのはおふたりでした。
どうもありがとうございました162.png

おふたりのメンバーさんがそれぞれにエピソードを話してくださいました。
どのエピソードも、メンバーさんたちがパセージを実践されていることと、
それによって相手役さんとの関係がより良くなっていることがわかるものでした。
一歩ずつ、前に進んでいかれているのだなあと感じ、
それをみなさんと共に喜びあうことができて、とても嬉しかったです。


「勇気づけの歌」の以下の部分を読み合わせしました。

協力的とは相手を裁かずに力を合わせて一緒に働くか

相手を信じて口を出さないで対等の位置で互いに助け合う (6)


大人と子どもは違っているけれど人間としての価値は変わらない

一人の人だと思って接すれば仲間と認めて協力してくれる (7)


感情使えば相手は敵になる味方でなければ協力難しい

「よかった」と言って感情落ちつけて冷静になって仕事にとりかかろう (8)


相手の行動気に入らないときも繰り返されるなら知ってやっている

ひとまず対処するのをやめてみてどうなるものか観察してみよう (9)


それと同時に良い面見つけ出しそこにしっかり感謝し喜ぼう

プラスの面に正の注目ができればマイナス消えていくだろう (10)


雑草抜いても次々生えてくるそれより大きな花を咲かせよう

マイナスなくす努力をするよりもプラスを伸ばす努力をすればよい (11)


人は善意で行動するのだが私の気には入らないこともある

それでも善意であるには違いなくそれがわかれば感謝もできるだろう (12)


プラスを見つける工夫をはじめよう相手の長所をノートに書いてみる

よかった点を毎日思い出す適切な面をいつでも考える (13)


人のおかげで自分はあるのだと思っていれば人に親切に

相手の目で見て相手の耳で聴き相手の心で考え生きて行く (14)


人と協力しようとするならば互いの考え知らなければならぬ

人にはテレパシーの力はない黙っていてもなにも起こらない (15)


思いを相手にわかってもらうためあるいは相手の思いをわかるため

まずは言葉で思いを伝えあう言葉の力が関係作り出す (16)


相手の話をじっくり聴くために体と心を相手に向けなおし

興味をもって耳を傾けてさえぎることなく最後まで聞こう (17)


わからぬことは開いた質問で伝えることは閉じた質問で

相手を変えることを目指さずに協力できる部分をみつけよう (18)


自分の意見を言いたくなったなら「意見を言っていいですか」と尋ね

許可を得てから意見を伝えるが相手の拒否する権利も認めよう (19)


「勇気づけの歌」作/野田俊作 より引用



今回のテーマは、「子どもの話を聴く」でした。

子どもの話を聴くと、その後子どももこちらの話を聞いてくれたというエピソードを話していただいたので、

それはパセージや「勇気づけの歌」でいうと何を実践できたことになるのか、

その場面では何が起こっていたのか、話し合いました。


パセージテキスト9L「子どもの話を聴く」、11L「さらに子どもの話を聴く」を読み合わせしました。

事例提供メンバーさんはパセージを上手に使って子どもさんの話を聴いておられていて、

「勇気づけの歌」の(7)、(15)、(16)、(17)にも関係していたようでした。

そのとき子どもさんは、

自分がどんなことを話しても、事例提供者さんは興味をもって優しく聴いてくれるんだ♪

という体験をされたようでした。

そして、事例提供者さんの問いかけに、自分はきちんと答えることができる♪

という自信ももてたようでした。

テキスト1Lの「子育ての目標」に向かっているようでした。

「勇気づけの第一歩は、子どもの話に耳を傾け、子どもの考えや感情や意思を理解しようとすることです。」

と9Lに書いてあるように、

メンバーさんが話を聴くことで、子どもさんを勇気づけることができたんですね、と確認しました。



このエピソードについて話し合う中で、もうひとりのメンバーさんが

ご自分のエピソードを話してくださいました。

前回のAdlerjalaで、子どもさんの課題に介入をしていることに気づかれて、

この1ヶ月の間それをぶらさげて暮らしておられたこと、

子どもの課題は子どもの課題、と考えて、口出しをせずに見守っておられたことを

話してくださいました。

「でも、どうしても苦しくて、口出しをしたくなってしまうんです。

 このまま何も言わないで関わらないっていうのも違うような気がして…。

 これから、この次はどうしたらいいのかなあと思っていたのですが、

 子どもの話を聴くことはできるかもしれないなと、今のお話をお聞きして思いました。」

とおっしゃいました。


テキスト24L「目標の一致」の1を読み合わせて、一番下の図を確認しました。

「課題の分離」が、しっかりとできました102.png

ですから、おっしゃる通り、次の段階は「子どもの話を聴く」に進めますね177.png

と、みんなで確認して喜び合いました。

事例提供メンバーさんが、「ああ、こうやってひとつひとつやっていくんですね!」

とにっこりされたのが、とても嬉しかったです。



パセージは細かい細かいステップに分かれています。

面倒だなと思われると思います。(私も思っていました 笑)

でも、こうしていちからていねいに確実に実践することが、パセージを習得する一番の近道だと思います。

私は長いことわかったつもりで、なんとなくパセージを実践していましたが、

色々失敗をして、基本が大事だとわかってひとつずつ確認するようになってから、

子どもと横の関係になれる時間が多くなったと思います。

(身に染み付いた縦の関係のクセは、まだ気をぬくとすぐに出てきますが119.png

ほんとうに小さな一歩ずつなのですが、こうして一歩ずつ歩いていれば、

来た道を振り返ったときに、ご自身がずいぶんと学ばれ、進んできたことがわかると思います。


パセージに出会った初めのときは、叱るかほめるかしかなかった選択肢が、

勇気づけるための色々な技術が使えるようになってきて、

子どもさんとの関係がよくなってきたと思われませんか?

子どもの話にも一理あるなと思えるようになって、

自分が間違っていたら子どもに謝れるようになってきて、

これが誰の課題か、考えることができるようになってきて、

子どもの課題に介入をしないでいられるようになってきて、

ほかの家族との関係も不思議と以前よりよくなってきているような…

いかがですか?

以前のご自分とは、もうまったく変わっていらっしゃるのではないでしょうか179.png



テキスト31L「まず自分が変わる」

    13R「子どもはなにを学ぶか」

も読み合わせしました。

子どもに学んでもらうために、子どもを援助するために、

そして家族と協力して子どもを援助していくために、

私たちにできることは、まず自分がパセージの実践をすることです。

そうすれば、子どもも家族も、仲間になれます。

そうすれば、すべきことをするように、すべきでないことはしないように、

子どもを勇気づけることができるようになります。

そしてもちろん、子どもがしたいことを援助できるようになります。


ひとりでは苦しい道のりかもしれませんが、

こうやって仲間と勇気づけあって学び合うことは、私は幸せな旅路だと感じています。

これからもみなさまとご一緒に学んでいけたら嬉しいです。

どうもありがとうございました。



次回のAdlerjalaは1月24日(木)です。

お気軽にお問い合わせください。

💌m.miho.indigo.horizon@gmail.com

 松村美穂





# by adlerjala | 2019-01-21 18:52 | 定例会